田舎の時代がやってくるやん

こんにちはひがじんです。高知でいかに楽しく暮らせるかをブログで発信しています。高知でカフェ【MOU】を準備中《2021年夏予定》

【田舎暮らし】家のリフォームは10社の【あいみつ】より1人の【しんみつ】がお得?

こんにちはひがじんです。

 日本家屋・古民家のイラスト

家は古くなる。

住み始めた時からゆる〜く古くなる。

 

新築でも10年もすれば、あちこち修理が必要になってきます。

 

40年も経てばどうなるか、、

 

 

 我が家の改修工事の見積もりが出来ました。

 

www.higazin.com

 

 

 

f:id:azmaya:20201213103234j:image

 

長年、うちの実家や困ったときに修理してくれる大工さんに頼みました。

 

大工さん「言うとくけどな!わしの利益10万しかないで(´Д`)!」

 

この常套句を言いながらいつもしてくれるおもしろいおっちゃんです。

 

本来であれば相見積もり、いわゆる【あいみつ】を取って出来限り安くするのが常識ですが、この大工さんにお任せします。

 

あいみつとは?

相見積もり(あいみつもり)

契約前のメーカー選びの際、同じプランで数社のメーカー見積もり依頼し、値段などを比較すること。「相見積もりをとる」というように使う。実際に、相見積もりを依頼する際は、その旨を各メーカー伝えることが望ましいとされている。

 

一円でも安く、きれいに仕上げるのがやっぱり理想的ですね。

うちもあいみつを取りたいとも思いましたが、、

f:id:azmaya:20201213113658p:plain


一人の【親密】を選ぶことにしました。

 

 

【しんみつ】のメリット

言いたいことを言える

家のリフォームはやっていくうちに「やっぱここはいいや」とか予算の関係で削りたいところが出てきがち。

そんな時に、料金だけで選んだところだと言いにくいのが人間の性分です。(僕は気が弱いので、、)

そんな時に、気のしれた大工さんだと言いやすいし細かいところはおまけしてくれたりするので、結果的には一番安くしてくれるかもしれないですね。

 

滑り台置きたい、、

 

30万ぐらいらしい。意外に安い。

www.higazin.com

 

家の用心棒になってくれる

【家の寿命は人生より長い】

自分が住んで

子どもが住んで

孫が住んで

ひ孫が、、

コストカットする侍のイラスト

 

そんな人間より長い寿命を持つ家にするには【用心棒】が必要です。

細かい修理なんかは家のことをよく知っている人に頼む。

 

素人でもできるレベルなら、やり方を教えてくれるのでお金もかからないしね。

 

まとめ

家のリフォームは10社の【あいみつ】より1人の【しんみつ】

料金や技術よりも

その人の【人間性】で選んだほうが長い目で見るといいと思う。

f:id:azmaya:20201213114831p:plain

おまけ

飲食店のトイレには必ず手洗い場がいるんだって


f:id:azmaya:20201213103210j:image
f:id:azmaya:20201213103220j:image

 この手洗い場が大体7万円~

 

ボウルせまっ(*´Д`)

 

、、子どもが手を洗ったら周りびっちょびちょになりそう。

 

対策必須です。

 

 

 

おしまい

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

また明日お会いしましょう。

ぽちっとしていただければ大変励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ