田舎の時代がやってくるやん

初めましてひがじんと申します!土佐の高知で楽しく生きていくためのアイデアやなにかを妄想しています。これからの激動の時代をいかに生き抜くか!妻と子ども3人の手を借りながらまず一つ目の目標はど素人カフェ開業!毎日18時に更新してます!

【子育て】親子の絵心は受け継がれるのか?子供が絵を好きになる方法と絵を入選させるためのコツを紹介!

こんにちはひがじんです。

 

 

今日は、子供が絵を好きになる方法や 

いかにして絵を入選できるのか秘訣を伝授します!

 

 

岡本太郎さんの名言

【芸術は爆発だ!】

 

僕の大好きな本です。

自分の中に毒を持て<新装版>

生きることに感情や感性を注ぐそのスタイルは

今もなお支持されています。

 

子供に伝えたいことは山ほどありますが

 

生きていくうえで重要なことが【感受性】

感受性を鍛えるには【芸術】

 

だと思っているので子供たちとは一緒に絵をかいて遊んでいます。

 

ひがじんの絵心

f:id:azmaya:20200627200043p:plain

子供たちが寂しくないようにyogibo-に張り付けた自画像です。 

 

このイラストを使った時に記事はこちらから

www.higazin.com

 

中学生の時の絵

f:id:azmaya:20200627200107p:image

ビニールハウスの中の絵です。 

まあなんというか普通の絵です。

 

このころはまだ真面目だったんでしょうね。

 

高校時代?に書いた実家の絵

f:id:azmaya:20200627232145p:plain

なんか、思春期を超えて段々激しくなってきているんでしょうかね。

 

高校生の時に書いた絵だったか忘れました。

 

若干病んでますねこれは。

 

でも、こっちの絵のほうが好き。

 

ぼくが人生で唯一自慢できること

f:id:azmaya:20200627200055p:image

 

人間一つくらいは自慢できることがあるもので、、

 

【高速道路】をテーマにした絵が

【高知市長賞】をもらって今もなお高速道路のインターに

飾られています。(高知県立川インター)

 

小さいころの絵を前に、自分の子供が写真を撮っているのは

なんか不思議な感じです。

やっぱり親子。絵のタッチも似るモノなんですね。


f:id:azmaya:20200627200048p:image

夏休みの絵日記コンテストがあって応募するために書きました。

 

やはり親子なのか。絵のタッチが似ていません?

ストーリーの説明がないとよくわかんないけど上手い!(親バカ)

 

 

絵が好きなのにはある程度の環境と応援が必要と思っています!

 

 今回は、そんなささやかな環境と親のサポートを紹介します。

子供たちが絵を好きになる方法と入選するための秘訣

1.褒める

とにかく褒める。

絵に正解はなく、どんな表現方法でも失敗がないので褒めちぎる

大人の考えたアドバイスは上手く書けることは出来るけど、それは

大人になってからでいいと思うので、とにかく褒める!

 

2.いろいろな思い出を作る

絵は頭の中の具現化。体験が多ければ多いほど絵を描けると思っています!

「かわいい子には旅をさせろ」

 

3.一緒に描く

思い出を共有して思い出しながら絵を描く。

楽しかった思い出や、すごかったことが魂になって絵に乗り移ります!

 

4.色をたくさんあげる

イメージはそのまま出さなくてもいいと教えています。

自分の気分や表現したいままに色を使っていいよって。

 

だから出来る限り色は揃えてやってあげてください。

油性色鉛筆 160色セット 鉛筆削り 消しゴム付き

憧れの160色セット。あぁ僕がほしい。。

 

5.日頃の行い

コンテストは自分の出来ることをしたらあとはもう

神頼み。お母さんの言うことを聞いてご飯もしっかり

食べて感謝の心を忘れない!

 

 

そしてその方法を実践した結果、、

 

入選しました!

f:id:azmaya:20200627200100p:image

 

スーパー飾の生鮮コーナーに飾られました。

うれしくて僕は、買い物中の主婦さんに

 

ひがじん「これうちの子が書いたんです。」

 

主婦「はぁ。。(なんやこいつ)」

 

毎日行って眺めるのが日課になるくらいうれしかったです。

 

おまけ

絵よりも顔面で表現するタイプの次男

f:id:azmaya:20200627200051p:image

 

彼も天才なので将来に期待をしています。

 

まとめ

絵を通して色々な体験や日頃の生活を振り返ることができます。

 

ぜひ、子供をお持ちのパパさんママさんは一緒に思い出を振り返り

ながら絵をかいてあげてください!

 

絶対に子供はうれしいと思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

また明日、17:00~にお会いしましょう!

 

ぽちっと押していただけると大変励みになります('ω')ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村