田舎の時代がやってくるやん

初めましてひがじんと申します!土佐の高知で楽しく生きていくためのアイデアやなにかを妄想しています。これからの激動の時代をいかに生き抜くか!妻と子ども3人の手を借りながらまず一つ目の目標はど素人カフェ開業!毎日18時に更新してます!

【海外で暮らす】【後編】海外に行くときに別に要らなかったな物リスト!最短英語習得方法3選!全くしゃべれない僕が暮らせたんだから大丈夫!

こんにちはひがじんです。

 

f:id:azmaya:20200624230504j:plain

この記事は、ローマ字で自分の名前も書けないようなヤツが海外に行って

まともに暮らせるのか実体験をまじえて紹介します。

  • 持って行かなくてもよかったモノ
  • 最短で英語を覚える方法3選!欲望を使え!
  • これさえあれば世界中どこへ行っても大丈夫?なモノとは

の三本です!

※ちなみに国はオーストラリアです。

 

 

 

【結論】

全くしゃべれなくても大丈夫です。

なにも問題ありません。

ただ、これからお伝えすることを少しでも頭に入れておけば

更に快適な海外生活が送れると思うのでご紹介します!

 

その前に

【オーストラリアに行く前の英語力】

  • ローマ字で名前がギリギリ書ける
  • ほんとに挨拶ぐらいしか知らない
  • 中学・高校の英語の成績は常に赤点
  • アイファインセンキューエンデューグリーン先生!の段階で挫折

当時の僕は中学1年生より出来ていませんでした。

 

【日本に帰る前の英語力】

  • 現地人と仕事が出来て日常会話はだいたい大丈夫レベル
  • 映画や洋楽も違和感なく聞けて見れる
  • ただし、新聞は読めなかった、、、

現地で住むにはまあ問題はないかなレベルでした。

 

 

別に持って行かなくてもよかったモノ ベスト3 

 
1. 参考書や分厚い辞書的な勉強道具
 
使わない。。
現地の本や英語でしゃべったほうが圧倒的に覚えます!
 
ホームステイ始めた頃に、部屋にこもって勉強してたらホストマザーに
 
おまえは海外に来てまで部屋で勉強をしてるのかい?真面目だねぇ。
 
たしかに、はるばる来たのに日本で出来ることをするのは馬鹿らしいと思った。
出たとこ勝負でがんがん挑戦しよう!
 
2.服
食べ物がおいしくて太る。もしくはストレスで太る
ホームシックで痩せる。和食が恋しくなるぐらいマズ過ぎて痩せる
 
そのままの体形でいる人は強メンタルの持ち主なので大丈夫でしょう。
 
現地にも服屋は山ほどあるので海外でのショッピングを楽しもう!
【持っていくのは勝負パンツだけで大丈夫!】
 
3.一眼レフ

はりきって一眼レフ買っちゃうけど、すげー邪魔。

ぜんぜんスマホだけでいいです。

綺麗な写真を撮りたい人はかまいませんが

海外へ行く目的がいい写真を撮るにかわってしまいがち、、

 
【スマホとインスタがあればそれで充分】
 
 
 

最短で英語を覚える方法3選!欲望を使え!

 
1.お金を稼ぐ(ワーホリ限定)
  1. まずは、日雇いでもいいのでとにかく仕事をする。
  2. 初めは英語を喋れなくて野菜収穫ぐらいしかない。
  3. けど、現地人や喋れない仲間が出来て、片言同士で友達になる。
 
一カ月もすれば英語耳が出来てくるので、こうなれば後は時間の問題。
ペラペラはすぐそこです!
 
【喋りたいなら現地人か片言友達と絡め!】
 
2.ひもじくなる
 ホストファミリーはカナダ系の家族でした。
 
毎日毎日マッシュポテトマッシュポテトマッシュポテト
 
味変はステーキソースのみという
 
ガンジーでも怒り出すメニュー構成でした。
 
僕は必至で英語を覚えました。
「ギブミーライス!」
 
 
【欲望を叶えるためなら現状を打破できる!】
 
 
 
次の日、出てきたのはもちろんマッシュポテト
(味変だけはケチャップに替わっていました。)
 
またあのマッシュポテトをたべたいなぁ
 
最高に 楽しい三か月をありがとうございました。
 
3.彼女をつくる
おそらく一番これが最短で英語を覚える方法だと思います。
自分の想いを一番伝えることができるのが恋愛
 
ワクワクドキドキしながら英語を覚えようとすると
頭がスポンジのようになって二度と忘れません。
 
僕が昔付き合ったあの子どうしてるかな、、
別れるときにクソみたいな英語を吐かれ今でも覚えています。
 
たしか【F】系の言葉だったような、、
 
【思い出は良いところだけトリミングして取っておきましょう】
 
 
まとめ
これさえあれば世界中どこへ行っても大丈夫?なモノとは

【何とかなるやろ精神】

散々いろんなことを書いて最終的に精神論で申し訳ございません。

 

ただ、精神を病んで帰った友達を僕は何人も知っています。

 

やっぱり最後は【楽しいかどうか?】コレにつきます。

 

これさえあれば無一文でもしゃべれなくても生きていけるので、

ぜひ、目をつむった状態のメンタルで海外に飛び出してみてはいかがでしょう?

どうなっても僕は知りませんのであしからず!

 

【日本の素晴らしさ】

も同時に痛感できます!

 

前回の記事はコチラ

www.higazin.com

オーストラリア編の初々しい記事はコチラからどうぞ

www.higazin.com

www.higazin.com

www.higazin.com

www.higazin.com

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

また明日、17:00~にお会いしましょう!

 

ぽちっと押していただけると大変励みになります('ω')ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村